きものの雑学

卒業式

卒業式

 女性が袴を着るようになったのは、明治時代のこと。裾さばきを気にせず着られることから、女学校の制服として採用されるようになりました。女学生のイメージから、卒業式に定番の装いとなっていきます。振袖、訪問着いずれの着物でも袴と合わせられるため、晴れの日にふさわしい明るく華やかな色柄が好印象です。足元をブーツで飾ると、レトロモダンなイメージに。